宅建を持っているとどんな仕事ができるのか?

宅建を持っているとどんな仕事ができるのか?

宅建を持っているとどんな仕事ができるのでしょう?

 

国家資格の中でも取り分け人気の高い宅建ですが、その利用方法をきちんと理解している方は必ずしも多くないかもしれません。

 

ここで少し宅建について説明しましょう。まず土地や家屋の売買、賃貸のマンションやアパートを貸したり借りたりする際には必ず宅建資格・宅地建物取引業の免許が必要になります。

 

いわゆる不動産の取引は宅建資格者でなければできないという事です。もう少し詳しく説明すれば、宅地建物取引業を営む場合は、事務所ごとにスタッフの5人に1人が宅建資格者でなければ営業ができません。

 

ですから、職場需要はかなり高い資格だと言えます。もちろん宅建は個人で不動産業を行う事もできる資格ですし、金融機関や生保業界の資産運用や販売・サービス業の店舗展開においても必要とされるので将来性の高い資格として人気があるのです。

 

また土地や建物は非常に高額でリスクヘッジの必要な取引ですから、宅建資格者は社会的に責任の重い資格だとも言えるでしょう。以下に、宅建の講座を安く学べる通信講座をピックアップしましたので「空いた時間に宅建の勉強がしたい!」といった方は是非チェックしてみて下さい。

宅建の資格を取るには通勤講座で勉強するのが効率的

通勤講座

最近、全く新しい通勤講座式の資格取得レッスンがあります。

 

通勤講座は参考書などのテキスト本を全く使わない、歩きながらでも学習できる画期的な学習システムです。レベルの高い講義映像やテキスト・問題集をスマートフォンやタブレットで見て効果的に勉強ができます。

 

ですから電車の中でも仕事の合間でも、あるいはファーストフードでお茶をしている時だってずっと勉強しっぱなしでいられる優れた学習方法と言えます。

 

例えば宅建通勤講座では、合格実績の高い有名講師の分かりやすい講義を動画として受講できます。板書された重要ポイントを読みながら優れた解説を聞くので、難しい宅建の試験の攻略も手に取る様に習得できます。その他の教材もすべて映像を用いて行いますので、たった5分・10分のフリータイムでも最大限に活用できるのです。

 

この様に通勤講座はレッスン内容がしっかりとしていて、スピーディで確実な学習ができる事でも評判が高いです。そしてレッスン料が格安な点も人気の秘密でしょう。詳しくはホームページでご確認ください。

 

⇒宅建 通勤講座

宅建を活かせる仕事とは?

宅建を活かせる仕事とは?

宅建を活かせる仕事はいくつもあります。

 

法律上では宅建有資格者にしかできない仕事として、不動産の取引きの際に作られる重要書類の作成や実際に売買・賃貸時の契約書の作成は宅建資格が必要とされています。

 

このことから不動産関連業界には宅建を活かせる仕事がたくさんあります。そして不動産を扱う場面のある金融関係でも宅建有資格者は必要とされます。

 

銀行では担保として土地・建物の評価を担当する仕事があります。またマイホームのローンを組んだりする際にもマンションた戸建て物件の資産額を査定する際に活躍します。そのために多くの社員が金融系の資格と一緒に宅建を取得しているのです。また大手の企業の資産管理として不動産を担当する社員も必要になります。

 

またコインパーキングなどの駐車場を営んでいる会社でも、賃貸契約の際に宅建有資格者が必要ですし、建築関係では分譲マンションの販売から管理業務に至るまで宅建資格が必要になっています。この様に不動産物件を扱っている業種では、何らかの形で宅建を活かせる仕事が存在しているのは確かです。